2010年10月31日

尖閣上陸宣言!中山義隆市長に期待--石垣市

尖閣諸島をめぐる問題で、ついに沖縄県石垣市は市政と議会が動き始めた。
今週、中山義隆市長らが菅政権に上陸許可を要請。今後、不許可となった場合は逮捕も覚悟で年内にも上陸する意向を明らかにした。
「本来、国がやるべきだが、これ以上放置できない」と立ち上がった。

■「上陸宣言」は一歩も引かない構え
「許可が下りなかったら行動する。今回は上陸許可要請というより、上陸宣言なのです」
中山市長はきっぱりと述べた。
上陸は「固定資産税評価」や生態系調査が名目だが、目的は「経済活動を伴う実効支配への道を付けること」(市関係者)だ。

政府の許可が得られれば、次は学術調査や観光開発と中長期計画を視野に入れている。
「将来は尖閣周辺をクルージングやトローリングもできる海にしたい」と中山市長は述べた。
(産経新聞)


素晴らしいです!
こういう方が、日本の総理大臣になってくれたら日本も劇的に良くなるのに・・・。

政府は石垣市の尖閣上陸を許可しなければいけないが、菅内閣では、反日政府なので希望が薄い。
ならば、政府は上陸を許可しなくても良いから妨害するな!と言いたい。


世界のならず者国家、
中国をギャフンと言わせる13の方法を、有識者らが提案している。






posted by サッキー at 16:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尖閣ビデオはナゼ公開されないのか?

注目になっている尖閣衝突ビデオ、公開するとかしないとか、もめているが撮影2時間40分以上のものを6分50秒のDVDに大幅に短縮し直した形で公開するという。

ナゼか? 正直に公開されては困るからである。
内容が「殺人未遂ビデオ」であり、そうなると、困るのは中国であるからだ。

反日政府の代表である、仙谷氏としては中国に不利になるような事はさせたくない、という思惑らしい。

ビデオの内容については、東京都知事の石原氏が、フジテレビ新報道2001で暴露?してしまったように、巡視艇乗員が弾みで海に落ちた時、中国漁船員がモリで突いた、と述べた。

まさに、殺人未遂事件である。

コラァ!中国、いい加減にしろ!




posted by サッキー at 00:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

朝鮮学校無償化を認める民主党は、はやり反日政府だった。

朝鮮学校への高校無償化適用に対し文部科学相は「できるだけ早く結論を出したい。」と述べ、就学支援金の年内支給に向け検討を急ぐ考えを示した。

信じられない判断である。 やはり、民主党は「反日政府」である可能性が高い。
影の総理である、仙谷氏の反日信仰の影響がジワジワと広がっているのかもしれない。

この朝鮮学校、教材の中にこの事件について「でっち上げ」である、という内容になっているらしい。

びっくりだ。

この事件の犯人である金賢姫に、日本語を教えていたのが拉致された女性である。
その拉致に加担したのが、朝鮮学校と朝鮮総連だ。

その朝鮮学校を無償化にするとは、反日の行動であるとしか思えない。
民主党のままでは、日本が潰れてしまう。



posted by サッキー at 14:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サッキーの独り言 メールアドレス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。